キリギシ 山頂

キリギシ山モニター登山に参加 その2

2002年(平成14年 59歳)8月16日

この山は、貴重な花が見つかったことで話題になり、入山者が急激に増加。
その結果、盗掘や登山者の踏みつけによって、山が荒れてしまった。

2002-8-15-6

そこで地元の山岳会など、山を守る意識の高い人達が行動を起こして
環境庁や他官庁の協力のもと、保護するために5年間、入山を禁止する条例ができた。

そのかわりにモニター登山という形で、30人ずつを3回、年間90人を
地元の人が案内してくれる。


2002-8-15-72002-8-15-8

タカネナデシコ

アズマギク

2002-8-15-9
知ってしまうと何処にでもある トリカブト

自分はこの行動を単純に考えていた。

植生の回復まで入山禁止となったので、キリギシを守る会へ
一般人から早く入らせろとの要求や圧力を抑えるために
ガス抜きとして、年間90人を入山させてくれている。

そんな風に考えていたが
そんな目的のために、モニター登山を実施しているのではない事が
今回の体験で、しっかりと自分の意識に植え付けられた。

何故に入山禁止が必要か。

①キリギシ草という固有種が出たためもあり、入山者が週末には
100人を超えるらしい。

②山が小さすぎる。お花畑の中を通る以外道がない、というか道を付けれない。
この山は、登山道の付け替えが出来ないように思えた。

③山を登りたければ、他にもいっぱい山がある。

④花を見たければ、ほんの一部の花を除いて他にもいっぱい花のある山がある。

⑤地元の人達が、真剣に守りたいと行動している。

今後も入山規制して行くためには、今のようにモニター登山を開催して
理解を求めることが必要と思うが

その為には、地元の人達がその度ごとに随行し、ガイドのボランティア出動が
要求される。

これは大変な仕事量であると感じた。

しかし、ゲートを閉め切って保護し、植生が回復しても誰も入山させない..
それは許されないであろうから。

2002-8-15-10

頂上は狭いので順次交代する。

2002-8-15-12
頂上から狭い休憩地点を見る。

2002-8-15-11

2002-8-15-13

2002-8-15-15
滝を降りる人のロープを山岡会長の奥さんが確保してる

2002-8-15-16

先頭グループで下りた山岡会長さんが出迎えてくれた。

ブログランキングに参加中です。
ポチッと応援よろしくお願いします♪
↓↓↓
width="88"

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>