原始の森を50km

シュンクシタカラ ウルトラウォーク 50km

2003年(平成15年 60歳)10月12日

今年のキャッチコピーは

『原始の森 続く坂道 風の匂い 森のささやき 一年で一番歩く一日が始まる』

布伏内連合町内会のみなさん、今年もありがとうございます。

2003-10-12-1

出発前にコースの説明があった。
今年はシュンクシタカラ湖のコースを歩けるという。
昨年は台風で道路が決壊し行けなかったからね。

一昨年と反対回りで、初めに素晴らしい紅葉を楽しめるコースらしい。

昨年のタイムは9時間11分。早かったとおもうがコース変更で標高差も350mと少なく
更にほとんどがアスファルト道路だったこともある。

今年は標高差が600m以上もある。かなりきつそうだね。

午前6時 スタート

2003-10-12-2

10km地点までは、脛の筋肉がガチガチになって、ペリドールを塗りながら歩行する。

まもなく脛のガチガチも気にならずに歩けるようになった。不思議。
ペースをあげて進む。

2003-10-12-3
午前8時30分に15km地点を通過

2003-10-12-4
10kmから20kmくらいの間は、シュンクシタカラ川沿いの素晴らしい紅葉を充分に楽しみながら進む。

2003-10-12-5

綺麗な紅葉の景色だが、歩きながら写す写真では美しさをとらえられない。

2003-10-12-6

20km地点までの5kmもいいペースだったけれど、このあたりから辛くなる。

2003-10-12-7

下り坂は何回も立ち止まったり座り込んだりして、足の機嫌をとりながら歩く。

2003-10-12-8

参加を申し込んだときは「今年はゆっくり歩こう」と思い
トレーニングも少なかった。

2003-10-12-9

だけど、歩き始めたら前に人がいると追い抜きたくなるし
後ろから人が来ると、抜かされたくないという気持ちが働き

つい自分の限界で歩いてしまう。
その結果、途中で筋肉痙攣を発生させてしまった...

2003-10-12-10

2003-10-12-11

自分の番号を確認してもらう折り返し地点。
休憩地点ではないのだけど、座り込んで休んでしまった。

2003-10-12-12

シュンクシタカラ湖を見下ろせた。

2003-10-12-13

足の様子を見ながら、ゆっくりと歩く。

2003-10-12-14

2003-10-12-15

30km地点から少し行くと、昼食場所が見えた。

2003-10-12-16

弁当を食べ、足にペリドールを塗っていると、松井さんが到着した。
彼はスタート後10kmくらいのところで、足をくじいてしまったという。

2003-10-12-18

昼食後はペースを上げて進む。
35km地点で、カメラの電池がきれた。この後の写真は残せなかった。

35km地点通過が午後1時2分
ゴールしたのが午後3時39分
ゴールまでの15kmは時速5,7kmで歩いた計算となる。


43km地点くらいからは、一気に標高差400mを下る。
傾斜がきつくて早足では歩けず、注意しながら歩く。

2003-10-12-17

35km地点で別れた松井さんも1時間後にゴールした。
足首の捻挫に苦しんでいたのに、53才の若さで乗り切った。

友人の新保夫妻は徹夜で100Kmを完歩した。すごい!

トレーニング不足で、けっこう辛い思いもしたけれど
今年のウルトラウォークは、シュンクシタカラの景色を楽しめるコースで
タイムも9時間39分と楽しく終わることができた。

100kmに来年挑戦しよう。
とは考えられないね。絶対にむりだ。

ブログランキングに参加中です。
ポチッと応援よろしくお願いします♪
↓↓↓
width="88"

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>