五龍山荘から雨風のキレットを越えて鹿島槍だ

唐松岳~五龍岳~鹿島槍~爺ケ岳 vo.3

2004年(平成16年 61歳)8月16日~20日

8月18日

五龍山荘~五龍岳~キレット鞍部~キレット小屋~鹿島槍南峰~北峰~冷池山荘

一晩中強い風が小屋を揺らし、屋根を叩く雨音も激しかったのに
起きた頃にはずいぶんと静かになっていた。
出発は午前5時の予定。
出発するか、停滞か、ガイドの白石君の判断を待つ。

私の気持ちは半々であった。

昨夜の夕食後の飲み会で、あの厳しい環境の中を順調に通過出来たねと
今日のルートを振り返る話を聞いていた白石君は

このメンバーなら多少の雨風くらい行けると判断した。

まあ、女性たちの信じられないくらいウイスキー飲んで楽しむパワーも後押ししたかな

午前5時 カッパを着込みキレットに向けて出発する。

いきなり緊張の連続。

2004-8-16-7
出発して1時間経過 五龍岳が見えた。

2004-8-16-8

午前6時30分 五龍岳頂上に着く。

2004-8-16-9

雨が強いので5分くらいの休憩でキレットに向かう。

結構強い雨風なので写真はないが、体力的には心配なく歩けた。

2004-8-16-46

五龍岳までの登りは、標高差300mくらいで頂上。
400m下って最低コル
そこから標高差なしで進むと八峰キレット小屋だ。

2004-8-16-10

2004-8-16-11

八峰キレット小屋に着く。
五龍岳から4時間だ。

キレット小屋には、玄関横に靴を履いたまま休憩と弁当を食べれるような
椅子とテーブルがあり、無料で使わせて貰えた。

弁当を食べると、びしょぬれの体が冷えてきたので、シャツを取替え
更にもう一枚着て保温に努める。

台風がこっちに向かっているとの情報なので
ガイドの白石君は、今夜ここに泊まり明日いっきに下山することを考え
小屋の主人に相談していた。

が、時間はまだ午前10時37分
冷池山荘まで進むことになった。

先ずは鹿島槍に向かって出発する。
鹿島槍までの登りは標高差で500mくらいだ。

鹿島槍は、ピークが北峰と南峰の二つがある。

2004-8-16-12
北峰に午後12時52分

2004-8-16-13

南峰に午後1時42分 到着。

2004-8-16-14

雨の中、クサリとハシゴ、岩にへばりつきながら8時間42分!
頑張りました!!

雨風は少し弱くなったが、5分少しの休憩で冷池山荘に向かい出発する。

2004-8-16-16

今日は、五龍山荘を出発~五龍岳~キレット小屋~鹿島槍北峰までは
雨風の中を緊張して進む岩場の連続だった。

登りの標高差は800mだが、やはり岩場のキレット超えは慎重に歩くため
鹿島槍北峰まで7時間52分も掛かってしまった。

2004-8-16-17
鹿島槍から冷池山荘までは、岩場はなく歩きやすい道が続く。
沢山の花が咲くお花畑の中を山荘へと向かった。

2004-8-16-18

午後3時34分 冷池山荘に着く。
山荘までの標高差490mを、1時間50分くらいかかった。

2004-8-16-19

今年7月に出来たばかりの冷池山荘は、新品で立派だった。
玄関もロビーも広く、ロビーにはテレビとストーブがあり
泊まる人の情報交換の場になっている。

濡れた物を乾かしながら、他の宿泊客と話をする。
ほとんどの人は、扇沢から上がってこの山荘に泊り、翌日に鹿島槍を登り
下山するコースのようだ。

キレットを越えて五龍岳へ縦走する人は少ないみたいで

私たちが五龍岳からキレット越えてきたと話すと、興味津々のようで
「どうでした」「怖くはなかったですか」といろいろと質問してくる。

天気予報は台風直撃だったが、コースが外れたみたいだ。

ブログランキングに参加中です。
ポチッと応援よろしくお願いします♪
↓↓↓
width="88"

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>