武華岳 単独行

武華岳 

2004年(平成16年 61歳)9月3日

午前5時 釧路出発
津別~北見を通過して、武華岳登山口に着いたのが午前8時30分頃
距離で210kmと結構遠かった>

2004-9-3-1

午前8時50分 登山口を出発した。

2004-9-3-2

2004-9-3-3

ライオン岩を通過したのが午前10時11分

2004-9-3-4

武華岳頂上に午前10時47分、約2時間で着いた 。

2004-9-5

この登山コースは一周できるので、ライオン岩→頂上→武利への分岐→下山と
右周りで進んだ。

2004-9-6

伊勢君のいう通り、登山道のライオン岩周辺には、ブルーベリーやくろまめの実が
びっしりとなっていた。

(高山君はクロマメノキとクロウスゴといっていた)

台風の後だけど、今年は天候が良かったから。
さらに頂上近くなると、コケモモの実がいままで見たことのないくらの
密度でびっしりと生っていた。

標高差で680mくらいの楽に登れる山なのに
大雪に近いせいなのか、入山する人が少ないようで荒らされていない。

2004-9-7

今日は登りも下りも誰にも会わず、わたしひとりの武華岳だった。

2004-9-8

2004-9-9

リスの食堂?!

食べ殻がいっぱい落ちている。

下山完了したのが午後12時48分

武利岳の登山口を捜しに行こうかとも思ったが、結構時間が掛かりそうなので
温泉探しに変更

留辺蘂町営の滝の湯センターと民間経営の静林荘に入浴

2004-9-10

滝の湯センター

2004-9-11

静林荘
隣の敷地にある、つるつる温泉と同じ泉源なので
お湯はほぼ無色透明だが、触れるとつるつるする
浦幌の留真温泉と感触が同じかな。

町営の方が新しかったが、設備の古い民間の方がいかにも掛け流しの感じがあり
気持ちよく温泉を楽しめた。

三つ目は、留辺蘂市街の北見寄り町はずれにある北見温泉ポンユ三晃荘

2004-9-12

国道沿いにありながら、静かな佇まい
浴室も浴槽も広々とした作りで、ゆったりと入浴を楽しめる。
気持ちのいい温泉だ。

置戸町 鹿の子ダム メモリーハウス

2004-9-13

メモリーハウスはダム湖のほとりにある、おしゃれな建物
浴室、浴槽も適度な広さで、お湯はほぼ無色透明でさらっとしている。

浴室の窓の外に、ダム湖の景色が広がっている。
お風呂に入って眺めていると、ゆったりとしていい気分だ。

ブログランキングに参加中です。
ポチッと応援よろしくお願いします♪
↓↓↓
width="88"

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>