開聞岳と霧島連峰縦走

開聞岳と霧島連峰縦走

2004年(平成16年 61歳)11月11~14日

11月11日

りんゆうのツアー「日本百名山 開聞岳登頂と霧島連峰縦走トレッキング」

千歳空港に午前10時30分集合 男性3人女性9人が参加
今日は指宿温泉までの移動のみ

もっと早い便で行って知覧の特攻隊記念館も見たかったな

午後6時 指宿温泉に着く
温泉街には大きなホテルが立ち並び、宿泊したホテルも大型ホテルだ。
夕食前にひとっ風呂と浴場に向かうと、途中にあった売店の広いこと広いこと
その面積の大きさに驚いた。

風呂は掛け流しみたいで食塩泉。
夕食の後は名物の砂蒸し風呂を体験、1,050円でした。

11月12日

今日は開聞岳を登り霧島温泉に移動する。

朝から天気が良くて安心した。


62

CIMG0002

開聞岳は標高差で800mくらい

CIMG0004

さほど疲れも出ないうちに終わり、昨日通った道を戻り鹿児島市を通過して
霧島温泉に着くが、ここの温泉街にも大型のホテルがいくつもあった。

この温泉は、私が一番好きな火山地帯特有の硫黄の匂いがする温泉
でも川湯温泉みたいにすっぱくはない。

浴場は2箇所あったが、両方とも温泉が噴出しているのが見える。
お湯の質や浴室・浴槽のつくり、露天岩風呂の雰囲気と
すべてが気に入る風呂だ。こんなの初めてだ。

11月13日 

今日も7時間ほどの山行なので、午前7時朝食の午前8時出発とのんきな予定。
のんきに寝ていたら、目が覚めたのが7時
宇野さんも同じく寝坊しており、二人であわてて朝食に向かう。

61

今日からの山は、霧島連山だが霧島という山はなくて、韓国岳・新燃岳と
明日に登る天孫降臨の高千穂峰を総して霧島連山と言う。

えびの高原登山口まで、ホテルのバスで40分
途中、何箇所も噴煙が上がってた。凄い景色だ。 

CIMG0014

最初のピーク 韓国岳までの道は霜柱が出来ていて、今朝の寒さが目に見えた。

CIMG0019

噴火口のお鉢の一部が韓国岳の頂上で、お鉢を覗くとそこは広々としていた。
数頭の鹿が歩いていているのが小さく見える。

霧島連山には23の火山があり、それぞれの山頂に火口があり
完全な火口が15、水のたまった火口湖が10山もあるそうです。



CIMG0015

CIMG0016

CIMG0018

韓国岳を出る頃から痛み出した膝は、しばらくすると気にならなくなった。

が今度は腰が痛み出した。

腰の痛みは、いつも登山開始から20分くらいで痛みは消えてゆく。
今回も20分くらいで、いつも通りの忘れるくらいの痛みになったのに
2時間経過したくらいで、再び痛くなってきた。
我慢はできたが、痛みとともに歩くのはつらかった。

CIMG0020

CIMG0022

CIMG0023

CIMG0027



韓国岳を下り獅子戸岳で昼食

CIMG0030

遠くに高千穂峰 手前に新燃岳を見ながら 獅子戸岳で昼食とする

CIMG0025

獅子戸岳から見た韓国岳

CIMG0033

CIMG0040

新燃岳の火口湖

エメラルドグリーンが印象的だった

CIMG0043

新燃岳の縁にある頂上

高千穂峰を背景にして写真

CIMG0049

霧島温泉に戻った。

11月14日

今日は高千穂峰に登頂し、鹿児島空港から羽田経由で千歳に帰るコース

CIMG0053

CIMG0054

CIMG0055

CIMG0060

今年は山行の回数を多くしようと目論んでいた。
3月の熊野古道、海別岳から始まり、今回の山行で14回目になる。

腰のいやらしい痛みは、いつもは歩き始めると忘れる程度だったのに
今回はこれまで経験したことのない痛みだ。

山行回数の多いことからくる疲労が原因であればいいと思っているが
後日も腰痛は続いた

■腰痛メモ(2005年4月)

2005年1月労災病院の脳神経外科にMRI検査を予約し
2月に検査を受ける。

翌週結果を聞きに行くと、医者は画像を見ながら「いつ手術しますか」と。

心の準備はしていたつもりではあったが
もっと痛くなったらまた来ますと答え帰ってきた。

医者の診断は、脊柱管狭窄かヘルニアのどちらかが原因だろうが
ハッキリしないとのこと。

1月末から、スポーツジムのストレッチベンチが効果があると信じ
乗る時間を増やし頑張ってきた。

3月に予定していた九州の阿蘇と久住の予約は取消し、ストレッチを頑張る
が、背骨の仙骨部は相変わらず痛む。

4月の熊野古道奥駆の道に行くんだと目標設定して
手術しないで、快調に歩けるようになるぞ! 努力!努力!努力!と
プールのソウトジムとストレッチベンチを頑張り続けた。

日常感じる左足のシビレは、より強くなった感じで
大腰筋と背骨の下部の痛さも、さらに増してるような気して困るが

体は柔軟になってきて、前屈すると頭と膝の距離はかなり縮まった。

2ヶ月頑張った結果
4月熊野古道奥駆の道で、一日目 10kmと2日目の14kmを快調に歩くことが出来た。

自信がついたので、5月の八経ヶ岳ツアーに参加を申し込みをする。
4月28日 98,000円送金した。

自分の病状と体の弱い所を知って、そこに対策を施しながら頑張れば
手術しないで済みそうである。

これからも、腰の機嫌を取りながら養生しながらの日々生活しよう。

ブログランキングに参加中です。
ポチッと応援よろしくお願いします♪
↓↓↓
width="88"

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>