北アルプス 黒部五郎岳~槍ヶ岳 縦走 太郎兵衛平

2000年(平成12年)7月4日 (57歳)

黒部五郎岳~槍ヶ岳~燕岳 縦走 その1

札幌から富山市へ

男3人、女3人、ガイドのメンバー合計7人

JRで千歳に向かい 空港にて参加メンバーと合流する。
メンバーは自分とガイドを入れて7名である。

I氏 72歳
T氏 63歳 退職してから登山を始めた方
モンブランや単独行で上高地ー西穂高山荘ージャンダルムー穂高山荘を踏破
H女史 60代(かな?)
S女史 60代(かな?) 体の細い人だったが、自分より重たいザックだった
Y女史 50前後(かな?) 薬師岳は3年前にも

富山市内の旅館に入り すぐ夕食にして貰う。
随分沢山料理がでた。
明日からの縦走登山を楽しみに10時ころ消灯し 眠りについた。
薬なしで眠れた。

■今回の予定ルート

折立登山口 →太郎兵衛平 → 黒部五郎岳 → 三俣蓮華岳 → 双六岳 → 槍ケ岳 →大天井岳 → 燕岳 → 中房温泉

地図-3

7月 5日

折立登山口 → 太郎平小屋

3時くらいから目が覚めていたが、6時起床 7時朝食。
7時45分に ジャンボタクシーにて出発。
途中のコンビニでおにぎりを2個買う。

折立登山口に9時12分に着いた。
途中の道はダムの工事中、そんな感じのひどい道だった。

まもなく始まる登山シーズンには定期バスが通るとの事。
さすが登山客を大事にしている。

9時30分にスタート。

2000-7-5-1
折立登山口の標高が1400m。太郎平小屋は標高2300m。
今日は標高差900m位の登りだけの、太郎平小屋迄なのでのんびりだ。

AM11:10

えらい暑い。

2000-7-5-2

AM11:24

このあたりから樹林帯をぬけ更に暑くなる。

2000-7-5-3

PM12:01

2時間30分くらい登ったあたりで、登山道が広くならないようになのか

両脇を木でおさえて、中に石を敷きつめてある道が随分長く続いていた。

暑い時期の良い天気はイヤな道と思う。

2000-7-5-4

2000-7-5-6

PM12:46

2000-7-5-7-2

2000-7-5-8

PM1:06

左手を見ると薬師岳が見えてきた。

2000-7-5-9

2000-7-5-10

PM1:07

後ろを振り返るとA氏とH女史さんとY女史さんが少し送れてる。

少し調子が悪いのか 何時もはもっと強い人だとT君が言っていた。

2000-7-5-11

PM1:19

随分道の幅が広くなった。

2000-7-5-12

PM1:24

小屋が見えてきた。

2000-7-5-13

PM1:31

途中に3回の休憩をとり、1時30分に今夜の宿である太郎平小屋に着いた。

4時間。

今日は楽々コースだった。天気も良かったし、明日以降が楽しみやら 心配やら..。

2000-7-5-14

2000-7-5-16

S氏さんと
この人は客船で地球一週したり、モンブラン登頂したり...
すごい人もいるもんだ。

2000-7-5-15

中部山岳国立公園 太郎兵衛平

太郎平小屋は、薬師岳方向と黒部五郎と三俣蓮華方向

そして雲の平を経由して三俣山荘への道
この3方向の分岐になっている事も有って、結構利用の多い小屋であるとの事。

2000-7-5-18

小屋前のベンチにザックを下ろし、缶ビールを買ってきて先ずはお疲れさんと乾杯。

小屋前の広場は広く 正面に薬師岳がきれいに見えた。

2000-7-5-21

太郎平小屋前庭から見た薬師岳。 この良い天気明日以降に取っておきたい。

右奥にはギザギザに見える水晶岳。
小屋の奥方向には、すぐ近くに太郎山。そのずっと奥に黒部五郎岳とその随分遠くに
三俣蓮華岳が見える。

明日は三俣蓮華岳の少し奥に在る三俣山荘までのガンバリだが
今日の調子なら楽しめそう。
今夜この山小屋に泊まるのは、自分たちを含めて15人くらいのほとんど貸切り状態。

2000-7-5-19

食堂の3分1位のスペースに電気コタツが2台有って、夕食までのゆっくりの時間を過ごす。
釧路から持ってきたバーボンを、少しのつもりが飲みすぎて
夕食の時間にはめちゃ具合悪かった。

この日は明日からの事もあって、9時くらいには電気を消し寝る事にする。
隣りの部屋から聞こえてた話し声が、途絶えるたなと思ったらすごいイビキに変わった。
それもデュエットで。

ブログランキングに参加中です。
ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>