笠が岳~双六岳~三俣蓮華から鷲羽岳~水晶岳~野口五郎岳~烏帽子岳 夕焼け

笠が岳~双六岳~三俣蓮華から鷲羽岳~水晶岳~野口五郎岳~烏帽子岳

その5 三俣山荘

2001年(平成13年)9月7日

山荘に着いた時は、着ているものから靴の中まで、たっぷりと水だらけ。
ザックの中は、防水パッキングしてあるので大丈夫だが、ザックの背当ての
スポンジに染み込んだ水がしつこかった。

山荘には、すでに20人ほどの人がいてくつろいでいた。
自分達の寝場所は2階で、ジメジメは仕方ないが
泊まり客は少なく、ゆったりと寝る場所のスペースがとれた。

一階で、ジェットヒーターを使い部屋を暖めていたので、カッパやザックを持ち込み
夕食の5時まで乾燥に専念する。

食堂は見晴らしが良いように作られているが、雲の中で何も見えない。
でも、食事中に黒部方向の空に雲の隙間ができ、ほんの少し青空が見えた。

食後、明日の準備をしていると、PM5:50頃に外が明るくなってきた。
外に出てみると、槍ヶ岳方向も見えてきて、虹がかかっている。
明日は天気が回復しそうだ。楽しみである。

2001-9-7-11
小屋の右後方、夕焼けに耀きどしっとあるのが、鷲羽岳。少し奥にワリモ岳。

2001-9-7-10
ずっと遠くに水晶岳。

2001-9-7-12

明日はあそこを通って、さらに野口五郎、烏帽子岳と向かう。
足も体調も問題なし。これで天気が良くなれば最高さ。
鷲羽岳も水晶岳も夕焼けに照らされて輝いていた。
明日も5時出発なので、みんな8時頃には布団に入った。

ブログランキングに参加中です。
ポチッと応援よろしくお願いします♪
↓↓↓
width="88"

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>