笠が岳~双六岳~三俣蓮華から鷲羽岳~水晶岳~野口五郎岳~烏帽子岳 中心

笠が岳~双六岳~三俣蓮華から鷲羽岳~水晶岳~野口五郎岳~烏帽子岳

その6 三俣山荘~鷲羽岳

2001年(平成13年)9月8日

今日もAM4:00ころには起きだして、出発準備が始まる。
1階廊下の椅子に座って、夕べ受け取った弁当を食べる。

体調に異常なし。
今日も一日しっかり楽しもう。
天気がよけりゃなおさらいいさ。

準備が早くAM5:00少し前には出発したと思う。

昨日の雨水をタップリと染み込んだ靴は重たいが、体調が良いせいか
さほど重さは感じない。

2001-9-8-1

AM5:31  休憩の時、蓮華方向を振り返る。

上の写真で見たら、双六岳から三俣蓮華はけっこう遠いのが良く判る。
地図のコースタイムで1時間30分
そこを雨の中、1時間13分で歩いたのだから、随分辛く感じたのは
仕方ないことか。

去年7月7日に、三俣山荘をAM4:00に出発し、槍ヶ岳まで10時間42分の山行。
雪渓の連続で時間が掛かったのを思い出す。

最初の鷲羽岳にAM6:20に着く。

2001-9-8-4
360度山々の景色は、さすが北アルプスの中心。
槍ケ岳と穂高連峰が見える。

昨日は双六も蓮華も、雨の中ひたすら足元を見て歩くのみで
三俣蓮華からの景色を楽しむことができなく残念だったが
今日は天候に恵まれる。

2001-9-8-2

鷲羽頂上からは、槍ヶ岳と穂高連峰、その少し右には双六岳・丸山・三俣蓮華と
連なり、その奥とても遠くに、昨日の朝出発した笠ケ岳がはっきりと見えた。

蓮華の手前下には三俣山荘も見えた。

2001-9-8-3
これから進むワリモ岳、水晶岳、野口五郎岳に続く尾根道がずーっと見える。
まだまだ遠いけれど、この良い天気を楽しも。

さらに右手には黒部五郎岳、薬師岳も見ることが出来る。
天気が良いので、素晴らしい景色を見せてくれた。

2001-9-8-5
ブログランキングに参加中です。
ポチッと応援よろしくお願いします♪
↓↓↓
width="88"

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>