14年1回目は下ホロカメットク テントで震える

下ホロカメットク その1 テントで震える

2002年(平成14年 59歳)4月28日

4月20日 FAXで下ホロカメットクの参加要項をもらう。
内容を見ると、山スキーとあったので申込みは見送った。

数日後、大橋さんから電話があり、輪かんじき又はスノーシューで行きますと
再度案内があったので、それならいいかなと参加を申し込んだ。

例年はツアーに参加する前に、雄阿寒岳か雌阿寒岳に行き、自分の足の状態を
確認してから、参加申込みをしていたが

今年はアクアトピアでトレーニングを積んでいたので、大丈夫だろうと
信じて申し込んだ。

地図-1

4月28日 午後1時レイクイン集合なので、釧路を午前9時15分頃出発。
午後12時45分に着く。

参加者は5人とガイドの大橋さん。思ってたより少なかった。

大橋さんのデリカと、伊藤さんのノアの2台で出発。

一週間前、大橋さんの知人が行ってきたそうで、その時は林道に雪が残っており
林道を歩くのに、2時間以上かかったとのこと。

昨年も一昨年も、同じような状態で林道歩きが2時間以上あったので
たぶん今回も..との話だった。

いよいよ林道に入り進んで行くと、雪が消えていて
「まだ行けるぞ」 「あれ!まだ行けるぞ」と言ってるうちに
林道の最終地点まで、車で入れた。

車を降りた所がテント場。
着いたのが午後3時半ころ。今日は寝るだけだ。

テント場から、下ホロカメットクが見える。

2002-4-28-1

先ずは を張り、夕食の準備をする。

夕食は野菜たっぷりに肉シャブシャブ。ポン酢で食べるが、焼肉よりは
完全加熱ができるので安心である。

大橋さんが、ビール・梅酒・ウイスキー・焼酎を用意していた。

明日の予定は午前3時起床。5時出発。
8時に就寝する。

他の人はほとんどが冬用シェラフにカバーだが、自分のシェラフは夏用。

かなり寒い。。。。。

ブログランキングに参加中です。
ポチッと応援よろしくお願いします♪
↓↓↓
width="88"

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>