5月のトムラウシ 頂上

トムラウシ その3 頂上

2002年(平成14年 59歳)5月11日

現在午前6時15分 出発から(標高960m)1時間30分経過で
カムイ天上(標高1295m)で休憩中。

大橋さんから、これから進む方向の雪の状態を見ながら(雪がなくて這い松だと進めない)、A地点に上がって行くと説明を聞く。

ここからは、標高差のない雪の上を歩き、尾根の左側地点(標高1350m)を
午前6時50分に通過し、冬コース合流尾根まで

つまり、標高差154m、距離1500mを25分で歩いた計算で、時速3,6kmで歩いたことになる。

2002-5-11-8

ここからが大変。
距離で1600mを雪渓のトラバースである。

さほど急ではないが、こけたら結構すべるかなと
それなりに心配になる! そんな感じ。

軽アイゼン持ってるのに、輪カンジキのままでの歩行である。
キックステップも50分も続くとかなり辛い。

傾斜も徐々にきつくなって来て、ロックガーデン横地点(標高1600m)に
午前8時5分に着いた。

現在休憩中の場所は、上の写真のA地点。
自分達が歩いてきた雪渓を見下ろす感じである

2002-5-11-9

ここからの登りがきつかった。。。。。

標高差で250mくらいの急傾斜である。

この頃から、雲の中に入った感じで見通しが悪くなる。
雪もチラチラ降っていったが、雨よりは楽かも。

かなり辛く息が上がってしまったが、なんとか遅れずに歩けた。
午前9時15分くらいまで、かなりきつい時間が続く。

急傾斜を過ぎA地点の上に登ったら、南沼までお花畑の中を歩く感じになった。
南沼あたりを過ぎると、草も木も雪の下に。
コース確保のピンクテープを付ける木がないので、カンジキを雪に突き刺し
ピンクテープを付ける。

雪がチラチラするはいいけど、ガスってるので、
どっちにトムラウシがあるのか判らない。
コンパスが頼りである。

午前10時頃 頂上直下で休憩して、ザックをデポし頂上へ向かってアタック。

午前10時30分 トムラウシ頂上着

2002-5-11-7

出発が午前4時45分だったので、5時間45分掛かったことになるが
順調なコースタイムと思う。

天候が悪く、残念ながら頂上からの景色は見ることができなかったが

過去2度登ったときには、天候に恵まれじゅうぶんに景色を楽しんでいたので
今回は頂上に立っただけで充分満足であった。


2002-5-11-5

過去2回は
1993年7月9日 クチャン~大沼~五色~トムラ~温泉に下山。
1997年7月14日 十勝岳温泉~上富良野~上ホロカメットク~上ホロ小屋~十勝岳 美瑛岳~オプタテ~双子池キャンプ~トムラウシ~温泉

2回とも縦走の帰りに寄ったという感じ。
今回は日帰りでトムラウシを目指しての登山。楽しい山行だった。

2002-5-11-6

ブログランキングに参加中です。
ポチッと応援よろしくお願いします♪
↓↓↓
width="88"

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>